「私は本当のママじゃない」…テレビの企画で5歳の息子に告白した女性、批判殺到

24時間テレビ40』のテーマ「告白」の企画。

女性は、5歳の息子に「私は本当のママじゃない」と告白しました!

ネットでは、「テレビでやることじゃない」と批判が殺到したのです!

一体、何があったのでしょうか。

2017年8月26日から放送された『24時間テレビ40 愛は地球を救う』

今年のテーマは、「告白 ~勇気を出して伝えよう~」でした。

その中の企画の一つとして、「日本列島ダーツの旅的 告白の旅」が放送されていました。

企画のVTRの中、アイドルグループ・嵐の櫻井翔さんは、神奈川県横浜市に向かいました。

そこで待ち合わせていたのは、小田由紀恵さんという方でした。

小田由紀恵さんは、5歳の息子の永遠(とわ)くんに告白したいことがあるとのことです。

その告白内容はなんと…

「息子の永遠は私の子どもじゃない」

実は、永遠くんは小田由紀恵さんの兄の子どもでした。

事情があって永遠くんを育てられなくなったため、お兄さんは児童相談所に行こうとしていたそうです。

そして、小田由紀恵さんはその寸前で引きとったのだと言います。

カメラの前での告白…

「永遠の本当のママはこのママじゃないの」

しかし、小田由紀恵さんが告白をしても、永遠くんは理解できていない表情を見せました。

「永遠くんがこーんなちっちゃいときに永遠くんのママになろうって決めたの。だからママは本当のままじゃない」

小田由紀恵さんがこのように伝えた後、永遠くんは「わかった」と答え、告白は終了したのです。

しかし、この企画を観ていた視聴者たちからは批判が殺到していたのです!

「テレビでさらし者にするな」

「この子いじめられちゃう」

「ほら感動しろよ」

「子どもが良い子過ぎる」

「永遠くん、うちの姪っ子2号とタメなんだけどさ…コレは…テレビでやることじゃない。やったらダメだと思う…」

「母親の勝手な気持ちだけで、まだたった5歳の子に『自分は本当のお母さんじゃない』って言うことじゃないよ。#24時間テレビ」

「本当の子供じゃないって事を言う勇気がないからという理由で全国放送で言うのどうなん? お母さんは自己満足でいいだろうし、見ている人達ももらい泣きする。でも永遠くんの同級生や親も見ているし、永遠くんはこの告白を世間に晒していいかどうかの判断はまだ出来ない年齢。」

このように、まだ理解できないかもしれない5歳の永遠くんには、告白すべきだったのでしょうか。

また、全国放送のテレビで言うべきだったのでしょうか。

いくら感動させる番組だからといい、たくさんの疑問が残る内容でした。

本当のことを伝える日は、いつかは来ると思います。

しかし、全国放送のテレビの前で言うとは、子供にとってはかわいそうなどの声が上がっていました!

ネットでは…

「この親子二人の世界では、この形で良かったんじゃない?」

「さすが偽善者番組」

「自分で安心したいために聞かなくていいことを聞かされる子供可哀想」

「ただの親の自己満足。子供が可哀想だった」

引用元:https://www.hachi8.me/24-hour-tv-story-2/,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント