1歳児にエアガンBB弾近距離から数十発… 両親は否認「知らない」

昨年11月に当時1歳4ヵ月の三男に向けてエアガンを数十発発射しけがを負わせたとして、福岡県警は6日、傷害の疑いで同県田川市、自営業常慶雅則容疑者(24)と妻の無職藍容疑者(24)を逮捕しました。

ともに容疑を否認しています。息子はけがの後、肺感染症で亡くなっており、県警が経緯を調べています。

捜査1課によると、昨年11月下旬、2人は共謀し自宅で三男の唯雅(ゆいが)ちゃん(当時1)にライフル型のエアソフトガンでおもちゃの弾丸「BB弾」を数十発発射し、全身に約3週間のけがを負わせた疑いがあります。

BB弾によるとみられる直径数ミリのあざは、唯雅ちゃんの顔面を含め全身に数十カ所あったそうです。解剖の結果、数日から1週間程度かけてできた可能性があることが明らかになっています。

けがの程度から室内で近距離から撃たれたとみられており、県警は自宅から複数のライフル銃型のエアガンを押収しました。しかし、2人は「エアガンで撃ったことはありません」と供述けしており、けがについても「知らない」と話しています。

近所の住民はこの家族について、「温かい家族には見えない。『降りてこい』と言って、子どもは踊り場で泣くんですよ。『いやー』みたいな感じで、それは見たことある」と証言しています。

藍容疑者が、昨年12月1日午前4時15分ごろ、「三男が息をしていない」と119番通報。搬送時、唯雅ちゃんは心肺停止状態で、午前6時ごろ亡くなったのが確認されました。当時、藍容疑者は「寝ていた時に泣き出して呼吸が浅くなり、心肺停止に至った」と話していましたが、体には古いものや新しい複数のあざが見つかっています。

雅則容疑者らは当時、3歳の長男と生後3カ月の長女を含む5人暮らしでした。唯雅ちゃんを含めて児童相談所の保護歴はありませんでしたが、18年1月には長男の頬が腫れているとの通告があったようで、現在、子どもたちは児童相談所に保護されています。また、日常的な虐待の疑いがあるとし現在捜査しています。

未だ減らない子供への虐待。自分の我が子にどうしてそのような行為ができるのでしょうか…。普通の感覚では理解しがたい行為です。この事件については悲しみや怒りの声が寄せられています。

「子供が可愛くないなら産むなよそれでも産んでしまったなら、ちゃんと愛情を持って育ててくれる人に託してよ心から子供が欲しいのに叶わない夫婦がこういう記事を見ると毎回涙が出てしまいます今も悲しく仕方ないです、うちの子として生まれてきて欲しかった」

「子供にエアガンを発射すると言う感覚が理解しがたい。」

「怒りで身震いしました残された2人の子供への過去の虐待も捜査重罰をお願いします」

引用元:https://www.hachi8.me/eagan-bb-oaya-2/,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント